« 河原町大教会初代会長 深谷源次郎先生 | トップページ | むさくろしい者も一時寄せてある »

2012年8月26日 (日)

天理教被害に苦しめられている方々に読んで頂きたい

以前、「天理教被害」という記事を書きました
それについて沢山のコメントを頂き、被害に苦しむ方々が今も時々コメントを寄せて下さいます。
どなたも今の現状に不満を抱き、なんとかしようとの思いを持っておられるようです。

しかし、成ってくるのが天の理です
おさしづから思案させて頂くと何よりも「たんのう」の心が第一だと思います
多くお寄せ頂いたコメントに対するボクの返事を記事としてここにまとめました

皆さんに読んで頂きたく願っております。

こちらもお読み下さい

(多少文章の変更もあります)
(この記事は現在未完成です)

━━━━━━ ※1 ━━━━━━

おやさまの御教えに背く教会長に対し、信仰心を 親神様、教祖へ向ける教会長だけが 教会長の資格があるとのコメントへの返事 その1  コメントを見る

▽▼▽▼▽▼返事▽▼▽▼▽▼

「所属教会で幸不幸が決まる。」
確かにそうかも知れません。しかし、何故そんな教会長の元へ行く事になったのでしょうか。それは、人が決めたのではなく、全て神様が決めて下さった事だと思います。
自分も両親は岐阜の生まれなのに、ちょっとしたきっかけで愛知県に引っ越して、現在の布教所に来ています。
神様が引き寄せて下さったとしか思えません。

その人の因縁に合った教会。

失礼な言い方かも知れませんが、それは悪い事ではなく、素晴らしい事ではないでしょうか。
人間はつい目先の幸せばかり考えてしまいがちですが、今の幸せに何の意味も有りません。

「にち/\にをやのしやんというものは たすけるもようばかりおもてる」
(日々に親の思案と言うものは、たすけるもようばかり思うてる)

神様は人間を真から救けたいと思し召し下さると教えて頂きます。
人間にはご存知の通り、前生からの因縁があります。その因縁を切るために通り返しの道を通らせて頂かねばなりません。
「ああして通らせて頂こう、こうもさせて頂こう」
それも結構ですが、所詮は人間が考えた事。そうでは無く、全て神様に凭れ、全てを神様にお任せして、自分は成ってきた事をたんのうの心で受け取らせて頂く事が大切では無いかと思います。
下のコメントにも書きましたが、一番辛いのは、何も知らない子供に苦労させなければならない神様だと、父が教えてくれました。
本来なら、今すぐ子供を幸せにしたい。しかし、それでは通れないほど人間には魂の徳が無いと聞かせて頂きます。
その為に神様は心を鬼にして苦労の道を与えて下さるのだと教えて頂きました。
辛いものは辛い。
でもその辛さを十分に味わい、これも神様のご守護だと、満足の心で受け取らせて頂く「たんのう」の心が大切だと思います。
それが、教祖ひながたの道を通らせて頂ける事になるのではないでしょうか。
偉そうに語ってしまい、申し訳ありません。
陰ながら応援しています。

━━━━━━ ※2 ━━━━━━

おやさまの御教えに背く教会長に対し、信仰心を 親神様、教祖へ向ける教会長だけが 教会長の資格があるとのコメントへの返事その2   コメントを見る

▽▼▽▼▽▼返事▽▼▽▼▽▼

神殿の上に部屋を造るとは酷い話ですね。仰られる通り、普段の信仰態度もきっと神様を平気で踏みつけるような信仰をしておられるのでしょう。

実を言うとうちの布教所もよく似た事をやっています。
神殿普請の時に、神床の下にヘドロが埋めてあると聞きました。
元々田んぼを埋め立てて建設された神殿なので、神床の下には少々高額でもきちんとした土を埋めなければいけないのに、安く手に入るヘドロを埋めたのです。
周りの意見など決して聴かない所長でした。
「儂の言う事を聞けばいいんだ!」
そんな所長でした。

晩年は特に酷かったです
ボクは医者に掛かっているのですが、自分は少し怪我をすると(絆創膏でも貼ってれば治りそうな擦り傷です)入り込みの者に運転させて病院へ飛んで行くのに、ボクが病院へ定期検査へ行かせて頂きたいとでも言おうものなら2,30分は愚痴を聞かされました。
理由を聞かれたから答えたのに「言い訳するな」の一言
決して「お仕込み」とは言えない愚痴ばかりです。

何故病院へ行くのをそんなに嫌がるかと言うと、お金が掛かるからです
自分の事で金が掛かるのは平気でも、他人の為に金がかかるのは許せない。貰った手当でやっているにも関わらずです。

何故そのような人が所長でいられるのか?
下のコメントにも書きましたが)そのような人も用木を育てる為に神様が目をつぶって置いて下さっているとうちの親父に教えて貰いました。
考えてみればたかが病院へ行くのに愚痴を聞かされた。
たったそれだけの事でどれくらい因縁を切って頂けたのか分かりません。
その中を神様だけをみつめて歩んで来た事がどれだけ自分にプラスとなったのか測り知れません!
なんて有難い事なのか!

これがもしも逆に、本当にいい人で、こっちの為に親身になってくれる信仰上にも頼りになるひとだったとしたら?

神様よりも所長をめどにして、決して自分から神様の思いを求めようとかしていないでしょう。困った事があればなんでも所長に相談し、それを全て信じて解決していました。
自分の心を磨いてくれる人も見当たらず、所長の優しさに甘んじて、恩ばかりが積み重なっていた事でしょう。

あの所長であったからこそ、困った時は自ら神様の思いを求め、辛い中も喜びの心を持つことができたのです。

今はまだ夜明け前の仮の道と教えて頂きます。
本道が始まればきっとそんな人達には通るに通れない苦しみの日々が訪れる事でしょう。
それまでは大変な事も多々おありでしょうが、成ってくるのが天の理です。全て神様を信じてお通り願いたく思っております

偉そうに長々と語ってしまい、失礼しました

━━━━━━ ※3 ━━━━━━

おやさまの御教えに背く教会長に対し、信仰心を 親神様、教祖へ向ける教会長だけが 教会長の資格があるとのコメントへの返事 その3  コメントを見る

▽▼▽▼▽▼返事▽▼▽▼▽▼

お気持ちは大変分かります。
しかし、それは違うように思います。

「7分3分の理」(しちぶさんぶの理)というお言葉をご存知でしょうか?

自分も随分前に勉強した言葉ですので、上手く説明出来るか分かりませんが…

例えば!
大きな木を庭に植えるのに、十分な根が無いのでそのまま植えては枯れてしまいます。枯れないようにする為には余分な枝を切り落としてしまわなければなりません。

おさしづで

「どうしたらよい、こうしてらよいと、人間の心で出来る事は一つもあらせんで。人間の心で出けた事は一つも無いで。」

と、神様は仰られます

人間の考えで「お道のためにああするべきだ」とか「こうさせて頂こう」と考える気持ちはご立派だと思います。
しかし、所詮我々は目の前の、目に映ったものしか見えない人間です。
明日どころか、一分後、一秒後すらも分からない人間です。

そんな人間に、今からやろうとする行動が、果たして神様の思惑に本当に沿えているのかなどと、判断出来ません。
どこにどんな神様の思惑があるのか分からないのが人間です。
そんな人間の考えで何か大きな事をしようとしても、それは余分な枝として切り落とさなければなりません。

そこで「7分3分の理」です。
人間の考えで7分の事をすれば、理の働きにより、余分な枝は切り落とされ3分に変わってしまいます。

枯らさない為には切り落とさねばなりません。

それは、簡単に言えば、頑張って7歩歩いても、神様に受け取って頂く理は3歩だけだという事です。

この神様は「苦しめよう、困らせようとの神様では無い」と聞かせて頂きます。「日々に親の思案というものは 救けるもようばかり思てる」とも聞かせて頂きます。
「成ってくるのが天の理」です。
全ての出来事は神様による、世界一列を救けるための出来事です。
それを人間の考えで邪魔しようとする事は許されません

「成ってくるのが天の理」と心に治め、神様にもたれ、全てお任せし、どんな辛い事も、納得出来ない事も、神様の思惑として「たんのう」の心で通させて頂く事が大切ではないでしょうか?

人間の考えで大きな事をする必要は有りません。どんな小さなものでもひたすら積み上げた小さな真実を大きく受け取って下さいます。
その3分の真実を7分の理に受け取って下さいます。
一歩ずつしっかりと進んだ3歩は7歩として受け取って下さるのです。

それが「7分3分の理」と父から教えて頂きました。

自分達でどうにかなるものではありません。
神様の大きな思惑が有ります。

「日々に親の思案というものは 救けるもようばかり思てる」
という事は、この世は全て、どんな些細な事も、どんな大事でも、世界一列を救ける為に、寸分の狂いもなく神様が動かして下さっているのだとは思いませんか?

納得行かない気持ちも分かりますが、それは人間の考えであり、偉大なる神様の思惑の前では何の意味も持てません。

麻原彰晃だって神様の思惑だとボクは思います。
逆に麻原が出て来たのが神様の想定外でしょうか?
そんな神様では不安です!今すぐ信仰をやめます!

こうしてひまわりさんを始め、色んな方がこの記事にコメントを下さいますが、それも神様がボクの成人の為に引き寄せて下さったのだと思います。
簡単に気を抜いてしまうボクに「しっかりしろ」「気を引き締めろ」と喝を入れて下さっているのだと思います。

全て神様にお任せし、どんな事も「結構、結構」と言って通らせて頂きたいです。

ひまわりさんのお言葉
> 所属教会長は自分自身を磨いてくれる鏡だと思えと言う言葉はおやさまの御教えに努力しない教会長達の言い訳

これについても神様の思惑をおさしづから思案させて頂く事が有ります。これも後日、記事として書かせて頂きますので読んで頂けると幸いです。

神様をめどに、お互い頑張りましょう

※このコメントを書いた後に読み返したところ、書いてる途中で段々話がずれてしまっていた事に気がつきました。
本当に言いたかった事はこの話ではなく、こちらの記事をお読み下さい
むさくろしい者も一時寄せてある

━━━━━━ ※4 ━━━━━━

現在の天理教の身分制度は酷すぎるとのコメントへの返事  コメントを見る

▽▼▽▼▽▼返事▽▼▽▼▽▼

>前世の行いがいいから楽して通れる?井の中の蛙もいいところ。

確かにそうですね。

上の立場で有りながら好き勝手やってる人の話を良く聞きます
そういう人を見ると人はよく「余程徳があるんだね」と言いますが、反対だと思います。
徳が無いからどんな事をしても神様から教えて頂けない。
何か有る度に神様から教えて頂ける人はそれだけ神様から大切にされているからではないでしょうか。

生き神様とまで言われた上級教会の初代会長は「僕はちょっとも気が抜けない」と仰られたそうです。
少しでも気を抜いて自分の好きな事をすればすぐに出直してしまうだろうと仰られたと聞かせて頂きます。
それが真実でしょう。
徳が有るから背負っているものが違います。
徳が無いから何をやっても教えて頂けない。

うちの所長の息子さんもそういう人でした。
生まれた時から次の所長になる事が決まっていた人です。
所長も所長で、信者が息子に注意でもしようものなら「俺の息子だぞ!」と怒鳴っていたそうです。
酷い時はそれが原因で出入り禁止にされた人もいるそうです。
そうやって身分に甘やかされて育っているので所長以上に手に負えない人でした。
それでも自分は立派な布教師のつもりでいます。
最後には信仰が耐えられず、姿を消しました。

娘さんは信者の影で(バレバレですが)父親である所長に暴力を振っていました。

余談ですが、何故分かっていて止めないかと言うと、所長は体裁を良くしたい人で、家庭内暴力を必死で隠しているのでこっちも何も出来ませんでした。下手に手を出して余計悪化する恐れもあった為。

話は戻ります…
所長亡き後、40を過ぎていたのですが、縁談が決まりました
相手は社会でもお道でもちょっとした位の有る家庭です。
結局そういう因縁なのでしょう。

一つ下のコメントにも書きましたが、用木が立派に育つ為の「肥料」のような因縁。
うちの所長は上級教会の初代会長より「お前の家は東海並木の肥やしの因縁だ」と教えて下さったとお聞きします。
「並木」では無く、並木を育てる為の「肥やし」です
本人らはなんの事か分かっていませんが、確かにボクらを育てる為の「肥やし」となってくれました。(僕自身はまだまだですが)

教祖は「大社高山あとまわし」「谷底せり上げの道」と教えて下さいました。

現在の身分制度に甘やかされ、何も苦労を知らず育った人達は、全てでは有りませんが、まさにそういう人達なのでしょう。
後回しにされる「大社、高山」の人達です。
それよりも「大社、高山」の言いなりにさせられている「谷底」を救けるための今の仮の道ではないでしょうか?
谷底を救けると言っても今の状態が良くなるだけで本当に救かったとは言えません。
長く積み重ねた神様への残念や悪因縁を取り除かなければなりません。
その為の「肥やし」となってくれる人達ではないかと思います。

━━━━━━ ※5 ━━━━━━

教会に多くのご不満を抱き、教会の人々に辛く当たられるとのコメントへの返事  コメントを見る

▽▼▽▼▽▼返事▽▼▽▼▽▼

なるほど、信者にお供えしろと言う教会は要するに生活費が足りないからというのもあるのですね。
まか確かに生活するのにお金も必要ではありますからね…

それにしても、ですよねぇ。
教祖は赤貧のどん底に落ち切られやっと手にした米も、何の惜しげもなく人に施されたと、
その中を勇んでお通り下さったと、誰もが聞かせて頂いた話なのに…

父は人間を立てる信仰ではなく、神様を立てる信仰だと教えてくれました。
教祖も「神さんめどやで」と教えて下さいます。

貴方の仰る通り、神様と自分の一対一の信仰心が大切なのでしょう。

本文にも書いた通り、長年所長に苦しめられたボクらは、ついつい神様を見失っていました。所長に気をとらわれず、神様だけを目標として進むように父に励まされました。
そして去年出直しました。

今現在、上級教会より、留守番先生としてある先生が一ヶ月に十日間来て下さいます。
本当に立派な方で、こんな布教所にこんな素晴らしい先生が居ていいのか?というくらいです。
ただ、立派な先生でも逆に神様を見失ってしまうものなんですよね。
「その先生について行けば」と、先生をめどにしてしまいそうで…

いつでも神様をめどに頑張っていきたいと思います。

リエポンさんも随分苦しんでいるご様子
どうか負けないで頑張って下さい
陰ながら応援します。

━━━━━━ ※6 ━━━━━━

新しい教会長夫妻に対する限界から天理教を辞められた方のコメントへの返事 その1  コメントを見る

▽▼▽▼▽▼返事▽▼▽▼▽▼

今は時間があまり無いので全文読んではいませんが、時間のある時にじっくりと読ませて頂きます。
また、折角コメント頂いたのに返事が遅れてしまった事、お詫び致します。

軽く流し読みさせて頂きましたが、お気持ち凄く分かります。本文にも書いた通り、うちの布教所も長く君臨し続けた所長に、我ら入り込み者はかなり苦しめられて来ました。

ネットを見ているとそう言う人種は多いようですね。
天理教の指導者でありながら、人を苦しめている人達。
人間である事も疑わしいような人達。

ボクはその手の人間を「プレシャス」と呼んでいます。
プレシャスとは「貴重な」と言う意味。
何故そんな人が貴重なのか…

うちの所長はおもてヅラは良いので、参拝に来る信者さん方は所長を信じている方もいますが、毎日のように来て下さるコアな信者方々は内情をよく知っています。

「入り込み者の皆はよく耐えられるね。出て行こうとは思わないの?」と聞かれた事もあります。

確かに正直言うと出て行きたいですよ。

他所の布教所に変わりたいですよ。

所長は「お前らが居なくても布教所は困らないぞ、出て行きたければすぐに出ていけ」とか言ってますが、実際に皆が出て行って一番困るのは彼なんですよね。

そんな簡単な事を考える事も出来ない所長に思い知らせてやりたいですよ。(まぁ、彼の場合はそんな事を言ってもボクらに出て行く気が無い事を知ってて言ってるんですけどね)

所長から離れたい気持ちは皆ありますよ。

でもボクらが信じているのは所長ではなく、神様です。
苦しめよう、困らせようと言う神様ではないと聞かせて頂きます。

「にんけんもこ共かわいであろをがな
  それをふもをてしやんしてくれ 」
「にち/\にをやのしやんというものは たすけるもようばかりおもてる」
(人間も子供可愛いであろうがな、それを思うて思案してくれ)
(日々に親の思案と言うものは、たすけるもようばかり思うてる)

と聞かせて頂きます。
苦しめようと言う神様なら「やってられっか!!」と、所長を2.3回殴って今すぐ荷物をまとめますが、親神様は我ら人間をわが子として、たすけたいばかりだ、と教えて下さる。それならそこは考え直します。

苦しめる神様ではないのであれば、今の現状はなんなのか、こんなに苦しんでいるのは何故なのか?
ただの偶然では有りません。

成って来るのが天の理ですから、きっと一列をたすけたいと思し召し下さる神様に考えがあっての事。

言わば、神様からの試練です。
ボクらも辛いです。
でも一番辛いのは何も分らない可愛い子供にそんな道を与えなければならない神様だと、父親は教えて下さいました。

少し話が逸れるようですが、ボクには可愛い甥っ子と姪っ子がいます。

もうすぐクリスマスなので甥っ子達が喜ぶようなプレゼントを買ってあげたいばかりですが、信仰するものはやはり小さい頃から恵まれてはいけないと言う考えから、いつも買ってあげるのは500円程度のお菓子です。

先日妹とその話をしておりまして、やはり妹も同じ気持ちでした。

本当はすんごい物を買ってあげたい。
でも、子供の将来の為を思うと買ってあげないのが子供の為だとは思う。
でも他人の玩具を見て羨ましがる姿を見るのは辛いのだとか。
で、どうしても買ってあげてしまうらしいです。

うちの両親はボクら兄弟にお菓子や玩具はあまり買ってくれませんでした。
子供に買ってあげるのを我慢して、毎月十万お供えしていた(お供えを強要されたのでも無く)そうです。

家族の生活レベルを下げ、子供達に買ってあげたい気持ちを抑えてのお供えです。頭が下がる思いです。
ボクにそれをやれと言われても無理でしょう。

僕らの徳分を考えるとそれぐらいでなければ通れなかったと思います。

話を戻しますが、神様も同じだと思います。
子供を今すぐ幸せにしてやりたい。

そう考えるのが親と言うもの。
それでは通れない因縁を持つ子供のために、心を鬼にしてこう言う道を与えて下さるのではないでしょうか。

それを考えると本当に有り難く、申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

折角辛い思いをして与えて下さっている道を、人間の方から拒否してしまってはいけません。

神様はたんのうの心が大切だと教えて頂きます。

辛いものは辛い!苦しいものは苦しい!
でもその苦しみを十分に味わい、神様の御守護と受取るのがたんのうだと、父は教えてくれました。

ボクがプレシャスと呼んでいる人種は、(本文にも書きましたが)神様が一時的に置いているのだと教えて頂きます。

人間は隔てなく神様の子です。プレシャスも例外ではありません。因縁の心に負けて汚い心を使っている子供を今すぐ出直させてやり直させて上げたい所を、世界一列をたすけると言う、大目標の為に目をつぶって置いてあるのだそうです。

それを考えると、自分の心を、因縁を磨いてくれる人達です。
神様が心を砕いて置いて下さっている人達ですから、本当は有難く、貴重な存在なのですね。

どうか今の現状を神様の御守護と理解し、辛い中も神様に感謝して、神様だけを目標に心を倒さずお通り頂きたく願っております。

長々とえらそうに語ってしまいました。
お許し下さい。

━━━━━━ ※7 ━━━━━━

新しい教会長夫妻に対する限界から天理教を辞められた方のコメントへの返事 その2  コメントを見る

▽▼▽▼▽▼返事▽▼▽▼▽▼

なるほど、かなり辛い思いをされたようですね。
そのように法外な額のお供えを強要する教会がきっとまだ幾つも存在するのでしょう。考えられませんね。

しかし…
一千万で助けてやるとは恐れ入りますねぇ…
たすけてくれるのは人間ではなく神様ですよね。
もう完全に心に神様が無い証拠ですよね。神様よりも自分を信じてしまっている。

ただ、貴方は天理教を辞めたと仰いましたが、ボクはまだまだ貴方が天理教を辞めたようには思えません。

確かに教会には行かなくなり、形としては「天理教を辞めた」
のかも知れません
しかし、「天理教を信仰」するのは辞めてはいないのではないでしょうか?

天理教とは教会に参拝したりお供えする事が天理教ではないかと思います。
逆にいくら教会に参拝し、お供えをしていても信仰しているとは言えない人もいます。

貴方は前のコメントに「おやさまが大好き」「困っている人がいたら助けたい」と仰っていました。
神様を信じ、教祖の教えを尊び、助け合いの心を忘れない。それは十分「天理教を信仰している」と言えるのではないでしょうか?

「純粋に、おやさまが大好き」
「困っている人を助けたい。」
ボクには貴方が素晴らしい信仰者であるように見えます。

頑張って下さい。

 

|

« 河原町大教会初代会長 深谷源次郎先生 | トップページ | むさくろしい者も一時寄せてある »

ご守護の話」カテゴリの記事

今日の勉強」カテゴリの記事

原典」カテゴリの記事

コメント

何がどうあれ、宗教うんぬん関係なく、まず人の道外れる行動はダメだね!

それすら分からない信者に、どんなに良い話聞かせても無理でしょ?

僕の近くの天理教本部に勤める人は、自分が他人に借りるのは嫌だが、嫁が嘘ついてでも誰かに金借りさせて、悠々自適にパチンコ打ってるよw

まず、そんな人間から淘汰せねば!
ハッキリ、宗教うんぬんより、社会通念的な常識理解してないぬるい奴多いよ!マジ

投稿: 創価野郎 | 2016年3月12日 (土) 01時52分

あぁ。
命に関わる病気で?創価学会の僕が、お金貸したのに、その配偶者が、マルハン天理店で、毎日パチンコしてる姿を見ると、常識無いのが分かる…

世の中、借りた者勝ち?

ちなみに、天理教本部で働いてる方です…

投稿: 天理心理教 | 2015年12月30日 (水) 22時17分

河原町の信者に、600万騙し取られました。
古川博之
出口倫子
澤田せいこ

返す返すと約束しては破られ、四年…

被害届出します

投稿: 古川師範代 | 2015年11月16日 (月) 00時20分

ギロさんへ

精神的にも肉体的にも大変な事情お察しします。
信仰心は元々無かったとのことですが、今はどの程度の信仰心をお持ちなのでしょうか。

というのも、信仰を強要するつもりは一切有りませんが、ただ、ボクがお答え出来るのはやはり信仰心に添ったお答えしか出来ませんので、ギロさんにそこまでの信仰心が無ければお力になれる事は出来ません。

それでもお伝えしなければならないとても大切な事だと思うので、どうかご一読下さい。


天理教では今の世界はまだ仮の道と教えて頂きます。

天理教内で立場の有る人が勝手気ままに通っていても今はまだ神様に見許されている世界と教えて頂きます。
(勿論立場の有りながら我が身勝手にとらわれず、神様を心から離さず一生懸命通ってみえる方も中にはいらっしゃいますが)

そこに苦しめられる我々信者は徳が無いからだとか、勝手して通れる立場の人は徳が有るからだとかそんな教えでは有りません。
むしろ苦しめられる人ほど、神様の「たすけたい」という思いが込められているのです。

この神様は苦しめよう困らせようという神様では無いとお聞きします。ではなぜ「たすけたい」と思し召し下さいながら、苦しい思いをしなければならないのか。

人間には前生、前々生、更にそれ以前より、神様に対して残念の理を積み重ねてきました。神様の思し召しに添おうとせず、目先の幸せだけ求め、自分勝手の心で通って来てしまった、取っても取りきれない過去の因縁があると教えて頂きました。

世界たすけを目標とされる神様にとって、それはいつまでも放っておくわけには行きません。

今世界に目を向けてみて下さい。
権力者達による戦争や拷問虐殺など、平和な日本では考えられないほど、多くの人達が大変苦しんでいます。

ウイグルやチベットでは中国の支配により罪のない人が命を踏みにじられ、大量虐殺や拷問されている毎日です。
ウクライナや中東などを見ても、人の命を平気で踏みにじるような残酷な争いにより多くの難民が今日生きる事さえままならない状況で生活しています。

神様は心通りのご守護をするとお定め下さいました。
しかし、そんな人間が手前勝手な幸せや利益ばかりを願うものだから心通りにこの世の中も争いの絶えない醜い世界となってしまったと教えて頂きます。(※1 下記に詳細のリンク)

この世界だすけの為には道具として神様に引き寄せられ、神様の尊い教えに触れた我々が、まずは神様の思し召しに従い、世界だすけの為に、我が身どうなっても神様に全てをお任せする澄み切った心を定める必要が有ります。それによって、神様も心通りに世界だすけのご守護をお働き下さると父に教えて頂きました。

しかし、前述の通り人間には今まで山のように積み重ねてきた残念の理が有ります。この残念の理が払われていないままでは世界だすけの道具としてお使い頂く事は出来ません。そこで神様は心を鬼にして、一時の苦しみを与える事によって、今まで積み重ねてきた残念の理を取り払おうとして下さっているのです。(※2)

ギロさんも現在随分苦しんでおられるご様子。想像しただけで嫌になるような毎日をお過ごしでしょう。
ボクも一時期辛い毎日を過ごした日々が有りました。

でもその苦しみこそが我々を助ける為に神様が一時的に与えて下さったご守護なのです。


ボクは先日まで急病で入院していました。

その少し前、ボクは父から「前生に教祖を恨んだ因縁が有る」と教えて貰いました。
当然前生の記憶など有りませんし、恨んだ因縁と言われても分かりませんが、何よりも深く神様を立てきっている父の言う事なのできっとそうなんだろうと思い、前生のお詫びをしました。

その矢先の急病でした。

ボクが病院に運ばれたのが夜で、その次の日の朝、ふと父親が読んだおさしづに


親が子供憎い親はあろうまい。救からんやならんが一つの理や。それに身上ならんというは、よう聞き分け。めん/\の身上程大事なものあろまい。大事の身上不足なるは、いんねん一つの理。いんねんの理いと言うて分かろまい。分からんからたんのう一つの理が第一。世上の理を見てたんのうと心定めるなら、前生一つのさんげとなる。よく聞き取りて諭してくれ。


とあったそうです。

これには驚きました。
ボクが分からないながらもお詫びをしたのを、きっと神様が受け取ってくださり、こうして身上の障りを見せて下さったのでしょう。
そしてボクがこれをたんのうの心で受け取れば、前生の因縁をさんげさせて頂けると教えて頂けたのだと思います。
まだまだ全快では有りません。
貧血と診断され、頭がフラフラしています。退院は出来てもまだ働く事が出来ない状況です。

でもこれも神様がボクをたすける為に与えて下さっている苦しみなら、こんな結構な事は有りません。
何せこれで教祖を恨んだ前生の因縁を消して頂けるのですから。

何が悪くて苦しまなければならないのか、自分では因縁と言われても分かりません。

それに対して一番大切な心が「たんのう」です。

たんのうとは満足堪能する事


今の苦しみは、自分をたすける為に神様が一時的に与えてくださったご守護なんだ。神様の事なら何も心配する事は無いと、感謝して、この苦しみを満足し、十分に味わい、堪能する事です。

折角たすける為に一時の苦しみを与えて頂いても、受け取る側がその苦しみを拒否し、「どうすれば楽になるか」と良くなる事ばかり考えていては、それがまた残念となり、いつまでも苦しまなければなりません。


そうでは無く、神様の親心と理解し、何が有っても大丈夫と安心して今の苦しみをたんのうすれば、先の道が開かると教えて頂きました。

そうしてどんな時も神様の思し召しに従う心を忘れずにいれば、神様の世界だすけの道が始まった時に末代まで結構なご守護が頂けます。

そして世界中のたすけ道にお役立て頂ける訳です。


今の世で人を苦しめ、勝手している人達にはこの神様の尊い教えは理解出来ないでしょう。勝手解釈でお道の教義を語り、自分の都合の良いように話している人たちが居るのも神様のご守護なのです。

おさしづに

この道むさくろしいと思う。むさくろしい中からどんな綺麗なものも出ける。どんな事聞いても残念と思わんよう。むさくろしい中からどんな理が出るやら分からん

と有ります。

立場有る者の勝手な教えが蔓延した今の天理教はまさに「むさくろしい」と言えるでしょう。(※3)

神様が我々の心を掃除する為に見許し、一時的に置いてくださっている人達なのです。


決して負けては行けません。
自分の身を庇えばその分神様のご守護が頂けない。
自分の事を全て神様にお任せするから神様が守って下さるのだと父に教えて貰いました。
どんなに辛くても、歯を食いしばって、神様だけを見て通らせて頂ければ先々はきっと結構な道が待っています。

ギロさんは神様に見許されている「むさくろしい」人とはきっと違います。
それだけ辛い思いをすると言うことはそれだけ神様のギロさんに対する大きな期待も有るから育てようとして下さっているんだと思います。


と、ここまで長々と書いてしまいましたが、そうは理屈で分かってもやはりお辛いでしょう。


河原町大教会の初代会長「深谷源次郎」と言えば結構源さんの異名で知られる有名な方。

どんな困難が有っても「結構、結構」として通られた方とお聞かせ頂きます。

口先だけでも違ってくるそうです。

辛い事なんて本心から結構と思えないのは当然です。


それでも「ああ、嫌だ」「ああ、今日も辛い」と思うのを踏みとどまって、口先だけでも、上っ面だけでも「いやいや、これも結構」と思うだけでも大きく変わってくると聞きました。(※4)


どうか今の辛い状況に負ける事無く、神様の思いを求めて、心倒さずお通り頂きたいと切に願います。

長文失礼しました。

以下はボクのブログと弟のブログから参考に出来そうな話のリンクです。こちらも読んでみて下さい。

※1
http://omichinoayumi.doorblog.jp/archives/44291533.html
※2
http://omichinoayumi.doorblog.jp/archives/45484656.html
※3
http://blog.goo.ne.jp/fu--ji/e/f20da76680e3eab84e3d8d2eb1c4600d
※4
http://fuji-taro-1976.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/post.html

投稿: 藤太郎 | 2015年10月 8日 (木) 08時57分

ギロさん、早速のお返事ありがとうございます。
ボクにお道を教えてくれたのは父でした。

父とよく相談して、出来る限りお力になれるよう尽力致します。

投稿: 藤太郎 | 2015年10月 3日 (土) 18時10分

僕が妻からモラハラを受けていました。

投稿: ギロ | 2015年10月 2日 (金) 08時10分

あやさんコメントありがとうございます。

それは今の苦しみから逃れるための人間の考えとしては大正解だと思います。

しかし、ボクが求めているのは苦しみからの脱却ではなく、神様の思いです。

この記事は同じように天理教被害に苦しみながらもそれに屈せず神様の思いを求めていらっしゃる方々と思いを共有したい、共に歩んで行きたいという話です。


それをただのマゾと思うのならどうぞそう思って頂いて構いません。
理解出来ないのはよく分かります。

投稿: 藤太郎 | 2015年9月28日 (月) 18時44分

ギロさん一つ質問させて下さい。

「妻のモラハラで鬱病」とは

奥様がモラハラを受けて鬱病を患っていらっしゃるのでしょうか

奥様からモラハラを受けてギロさんが鬱病を患っていらっしゃるのでしょうか


大変失礼な質問では有りますが、詳しく知りたいので教えて頂けますでしょうか

投稿: 藤太郎(ギロさんにお聞きします。) | 2015年9月28日 (月) 17時51分

ギロさん
コメント有り難うございます。
大変苦しんでおられるご様子。

今まで情けないながら、このブログは放置しておりましたが、色々考え直し、これがボクにとって神様のお役に立てる数少ない場と、再開出来るよう目指してみようとしたときにこちらのコメントを拝見しました。

神様にお伺いし、多少なりにもお力になれるよう尽力し、もう一度お返事させて頂きます。
どうか気を落とさず。

投稿: 藤太郎(ギロさんコメント拝見しました) | 2015年9月28日 (月) 16時34分

こんにちは。
母の実家が天理教の教会です。初代会長は祖父、
二代目は叔父でした。
職場でのパワハラ、妻のモラハラで鬱病、失業、破産で、現在三代目の従兄である会長の教会に子供と引き取られました。
必ず助ける、何も心配するな、と言われ1年経ちました。信仰心は元々なかったのですが、強要され、天理教ノイローゼみたいにもなり、病状は一進一退でなかなか回復しない。住み込みだから、皆さんの力になれるように、ひのきしんを精一杯やりました。しかし、助からない、何もやってない、怠け者、と、毎日のひのきしんの証拠写メ、日報などを強要され、会長の全兄弟にまで報告、全員の嫌味や暴言、ド田舎で仕事も見つからず、毎日自殺しようか真剣に悩んでいる。でも、受験控えた息子がいるし。ちなみに光熱費がかかるからと、電気や水の使用も制限され、親子そろってこの夏は何度も熱中症になりかけた。
親様が与えて下さった食べ物だからと、腐った食材をいつも食べさされ、万年下痢です。
二代目会長までは、助からない、とか、自分が神様になったようなセリフ、おふでさきに書いてある言葉を、自分の言葉として言う事はなかった。
これでは殺される。どうしたらよいですか?

投稿: ギロ | 2015年9月17日 (木) 10時34分

ま、逃げられるものを逃げずに試練と思い込む。
ただのマゾですな。
所長を一発なぐるなり、
みんなで反旗を翻せばよいのに、
そこまでの勇気がないヘタレの集まり。

投稿: あや | 2015年8月13日 (木) 10時50分

参考になれるか分かりませんが、最近経験した面白い出来事です。
同じ入り込み者のk森さんという方が居ます。
この人はかなりの古株で、うちの布教所の裏ボス的な人で、自身はお道の心で通っているつもりのようですが、お道の言葉で人を救う事は出来ないけど、お道の言葉で自分の気に入らない人を叩いたり出来る人です。
そのk森さんが最近何故か妙にボクに難癖付けてくるんです。
今まではそんな事なく、同じ入り込み者としてそれなり程度に仲良くしていたのです。
しかし、何か難癖付けて、あれをやれ、これが出来てない等色んな仕事を押し付けて来ます。
挙句の果てに、祭典の日にお供えする米を、今までは自分がといでいたのに、先月の祭典の朝、お米がといでないので、どうした事かと聞いてみたら
「本当はアンタがやらなかんのだよ!」
とかキレ気味で言われました
正直ボクがやらなければいけない筋合いもなし、第一自分が今まで進んでやってきた事を黙ってやらずに置いておかれても困ります。
しかし、その時に思いました。
こんな風に言われるのもボクの因縁なんだろう。
また、今まで本来ボクがやるべき事をやらずに来てしまった事も多々有るはず。
これで通り返しが出来るよう、神様がお働き下さっているのだろう。
そう思って、今後は何を言われても笑顔で「分かりました!」
そう言って喜んでお受けさせて頂こう!
その日の昼に早速またワケの分からない事をやれと言われたので、笑顔で応え、言われた以上の事をやっておきました。
さて次は何を言われるか
通り返しが出来ると考えると喜んで待っていたら…
それ以来何も言わなくなり、態度もコロッと変わってしまいました。
こんな事だけでいいのだろうかと逆に不安も有りましたが、神様が受け取って下さったのかなと思ってます。
そんな出来事が有りました
多少なりにもお役になれれば幸いです。

投稿: 藤太郎 | 2014年5月20日 (火) 10時56分

コメントありがとうございます
簡単なもので結構ですので、お名前入力して頂けると助かります。

文章読んでいるだけで不快になる、酷い会長ですね。
うちの先代の所長がまともに見えてしまう…

でも「助けられない」と見捨てたのは会長であり、また、本当に救けて下さるのは「神様」です。
むしろそのような人の元にお寄せ下さったのも間違いなく、貴方を救けたいという、神様の深い思し召しに違い有りません!
ボクでは想像も出来ないようなお辛い中をお通りのようで、それにお応えするのはボクでは力不足で、大変申し訳ない気持ちでいっぱいです。
ただ一つ言えるのは貴方を救けて下さるのは神様です。
そんな会長はいずれ痛い思いをする日が来るのでしょう
おさしづに
強き者は弱く、弱き者が強くなる
その時は必ず来ると教えて頂きます。

どんな辛い中も神様を信じてお通り下されば、必ず神様はお受け取り頂けると思います。
どうか神様を信じる気持ちだけは忘れないで下さい。

ボク自信が最近は神様が心から抜けてしまって情けない現状です
たまにこうしてコメントを下さる時に、微力ながらもお力になれるよう、少しずつでも神様を求める心に戻して行きたいと思います。

投稿: 藤太郎 | 2014年5月20日 (火) 10時30分

こんにちは。突然すみません。天理教がもうわかりません。所属に悩みを相談しても親身に聞いてくれないです。

おじばかえりでは、体調不良に悩むわたしに『○○ちゃん、どんくさいから国家資格を国に返せば?』と大勢の人がいる前で笑いながら言って恥さらしにされた。会長は『助けられません。』と見捨てる。たくさん嫌な思いして怒っている私を無理矢理おさえつけて私を虐待した親に電話。電話されたくないのに夫婦で、私をおさえつけて電話しようとするから怒った私は奥さんの胸ぐらをつかんだら、会長は、本気で暴力ふるってきた。

投稿: | 2014年5月13日 (火) 19時23分

ネコ子さんへ、続きです。

>福祉職種で相談員として働いていた時も、私が障害があるからこそ、ご利用者さんの悩みに共感てきたと感じたこともありました。

素晴らしい事だと思います。
確かに仰る通り、幸せを感じられる心が大切ですね。
そうやって障害に喜びを見つけ、明るい心でいられるというのは神様も喜んで下さる心だと思います。

むしろ神様は、ネコ子さんにそうやって辛い事も喜びに替えて通れる清らかな心がある事を見越してご守護下さったのではないでしょうか。


そして今ネコ子さんにとって一番辛いのは天理教内の人達の態度ですね。

うちの上級教会の初代会長は、「自分にとって都合の悪い人程大切にするんだよ。」こう教えて下さいました。

自分の因縁を切ってくれる人達だから、そうやって何を言われても相手より低い気持ちになって、その人に感謝して頭を下げて通っていれば、いつか向こうから自分に頭を下げなければならない日が来るそうです。

ボクはその話しを聞いてもなかなか実行する事はできませんが…
青年会の前席である方が話してくれました。

職場で気に入らない上司がいたが、初代会長の教えをむねに、その教えを実行しようと、どんなに嫌な事を言われても不足をしないよう、努力を続けていたそうです。すると、段々その上司の態度が変わり、自分にだけは優しくしてくれるようになり、今までの態度を謝ってくれたそうです。

なかなか出来る事ではありませんが、ネコ子さんの参拝が喜べるものになる事を願い、参考にもなればと、この話しを思い出し、書いてみました。


一ッ ひとがなにごといはうとも かみがみているきをしずめ

とも教えて下さいます。

考えてみればネコ子さんに障害の身上を与えられ、自分の因縁を切ってくれる人達を周りに置いて下さり、苦労の道を与えて下さる神様のご守護はとても暖かく偉大なものであり、また、それだけの道を与えられるネコ子さんへの、大きな期待も神様にあるのではないでしょうか。

そうして教祖ひながたの道を慕い、真似事にも通らせて頂ける事が後々のネコ子さんに、どれだけ大きな収穫となるのか計り知れない事で有るように思います。

それに似た話が載っている本をどこかで見た覚えが有ります。
それに関してはまた記事として書いてみたいと考えております。


どうか障害を喜びに替えられるその素晴らしいお心で、これからも頑張って下さい。


投稿: 藤太郎 | 2012年9月20日 (木) 11時11分

ネコ子さん、コメントありがとうございます。
お気持ち大変よく分かります。
怪我や身上に対し、あれが良くないのこれが悪いのという安易な考えを言う人が今の教内に多いですね
確かに因縁が有って成って来る事では有りますが、それは神様が人間を救ける為に与えて下さったご守護であり、それを良くない事のように言うのは神様の暖かい親心を蹴ってしまっているような事ではないかと思います。
かく言うボクも幼少の頃より患っている病気が有ります。
友人の母が自殺している所を目撃してしまい、そのショックから発病したと聞きます
きっと前生に人を自殺させるような事をしていたのかも知れません。そんな因縁で有りながら今こうしていられるのもこの身上のお陰であると思い、これこそがボクの人生で最大のご守護なのではないかと、感謝して通っています
まだ言いたい事は有るのですが、今日は遅いのでまた後日
それと、パソコンではなく、スマホで書いているので誤字脱字が多いかも知れませんが、お許しを。

投稿: 藤太郎 | 2012年9月18日 (火) 01時46分

私は障害者です。
身体は不自由だけど、ここまで来ることができたのは、周りがサポートをして下さったからです。

でも、天理教の方に、障害があるのは前世の因縁。
人殺しをした。人を蹴った。色情因縁がある。などなど。

一体、何をおっしゃっりたいのかわかりません。

これは私の考えですが、健常者でも、障害があっても、幸せを感じられる心になりたいと思ってきました。

福祉職種で相談員として働いていた時も、私が障害があるからこそ、ご利用者さんの悩みに共感てきたと感じたこともありました。

極端ですが、健常者は○、障害者は×と言われているように感じます。

一度、おっしゃっられる方々に、障害者になりたくないですか?と伺いたいです。

参拝に行く日は気持ちが沈んでしまうこのごろです。

投稿: ネコ子 | 2012年9月16日 (日) 17時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1530000/46813492

この記事へのトラックバック一覧です: 天理教被害に苦しめられている方々に読んで頂きたい:

« 河原町大教会初代会長 深谷源次郎先生 | トップページ | むさくろしい者も一時寄せてある »